先輩社員の声

営業部 田中(23歳)

南山大学 総合政策学部 総合政策学科 出身

仕事内容を教えてください。
「技術を売る」営業をするため、製造工程の勉強中です。
当社では、最初から外に出てガンガン営業するわけではありません。お客様先で、どんな加工ができるか語れるようになるには、まず製造の仕組みを頭に入れなければなりません。できない加工をできると言ってしまっては、お客様に迷惑がかかりますからね。私はまだ入社2年目なので、特定の担当のお客様は持たず、資料作成や、見積依頼、協力会社への発注など、先輩のサポートをしながら、仕事の流れを覚えています。入社当初は「早く外に出てお客様のところへ行きたい!」と思っていましたが、今はじっくり勉強できる環境で良かったと感じています。
仕事で嬉しかったエピソードは?
入社半年で、お客様に自分の提案を受け入れてもらえたこと。
お客様からプラスチック製品が来て、そのままめっき加工できることは稀です。プラスチック製品は、金型に樹脂を流し込んでできるのですが、その樹脂の入り口をランナーと言います。ランナーの場所によってはめっき加工を施しにくいので、お客様に「ランナー提案書」を提出し、ランナーの位置や太さ、数などを変えて頂くことも多々あります。とは言え、お客様側にもさまざまな事情がありますし、金型を作り変えるとなるとコストもかかります。そうした事情を鑑みながら、最適な提案をするのが営業の仕事でもあります。
入社半年の時、お客様へ提出したランナー提案書が一発で通り、自分の提案を受け入れてもらえたことが、今までで一番うれしかったですね。
白金鍍金の好きなところは?
社長との距離が近く、直接言いたいことが言えるところ。
就職活動では、「BtoB」、「モノを作る仕事」に興味を持っており、メーカーの営業を志望していました。モノづくりがさかんな東海地区を中心に30社くらい受けた中で、当社に惹かれたのは社長との距離の近さです。最終の社長面接の後、社長が自ら会社を案内してくれました。社長と面接の場以外で話をする機会が他にはなく、「ここなら、社員を大切にしてくれそう」と感じたことが、大きな決め手となりました。最近では、4人程度の少人数で、社長とごはんに行く会が定期的に開催されています。私も営業部のメンバーとここ1年で2回ほど行きました。社長は、社員の話にいつも耳を傾けてくれるのでとても話しやすく、現場での悩みなども自然と相談できています。
就職活動のアドバイスをお願いします。
仕事選びの軸、自分が何を大切にしているかを見つけるためにも、とにかくいろんな会社を見たほうがいいと思います。社会経験のない学生がイメージにとらわれて、業種や仕事内容だけで決めるのはギャップを感じて長続きしない気がするので、あまりオススメしません。会社を訪問した時の社員の方の雰囲気、面談の様子など、自分とフィーリングが合う会社かどうかをしっかり見極めることが大切だと思います。

ページトップへ戻る

営業部 笹原(24歳)

南山大学 経済学部 経済学科 出身

仕事内容を教えてください。
モノづくりをスムーズに進めるための様々な手配をしています。
現在は、試作の納期調整や、お客様の製品がめっき加工できる状態にするためのランナーの調整、製品を納品するための自社トラック2台の配便など、当社のモノづくりをサポートする業務に携わっています。私は現在2社を担当し、量産のための手配をメインに行っています。営業とは言いますが、社内での仕事を中心に行っています。
営業部は、当社の中でも比較的新しい組織。既存のお客様に技術を提供するだけの受身の営業ではなく、新しいお客様のお困りごとを積極的に伺い、当社の技術で解決していくソリューション営業を展開していきたいと考えています。
仕事で嬉しかったエピソードは?
「落ち着いて見えるけど、実は熱いよね」という上司からのほめ言葉。
当社の営業は、ひとつの仕事でも、お客様、協力会社、自社の製造部など、関わる人がとても多いです。当然それぞれに言い分や立場がありますから、こちらの提案や希望を押し付けるのではなく、相手ときちんと話して理解し、こちらの要求も理解してもらわなければなりません。
自分なりに奮闘していたら、上司から、「笹原は、落ち着いて見えるけど、実は仕事に対して熱いよね」と、ほめて頂きました。
私個人の考えとして、やる気を周りに全面にアピールするより、さらっと仕事ができるほうがかっこいいと思っているので、うれしかったですし、上司はちゃんと見てくれているんだなと思いました。
白金鍍金の好きなところは?
愛知県で特色のあるモノづくりをしているから。
モノづくりがさかんな愛知県の中でも、「自動車」と「アミューズメント機」の部品という代表的な製品に関わっていたことにまずは興味を持ちました。また、「どうせ働くなら、どこでもできることではなく、そこでしかできない特色のあるモノづくりをしている会社がいい」という基準にも、当社のめっき技術は当てはまっていました。
入社してからは、試作やトラックの配便など営業という職種領域よりも幅広い仕事を任されることに驚きました。いろんなことに携わりたい自分としては、とても楽しくやりがいを持って働けています。
就職活動のアドバイスをお願いします。
自己分析だけではなく、友だちや大学の先生など自分をよく知る身近な人に、他己分析もしてもらったほうがいいと思います。私の場合、他己分析の結果「やっぱりな」と自覚していることもあれば、「他人からはそう見えているんだ」と意外な発見も多々ありました。自分では気づいていない、自分の長所や短所を知ることで、業種や仕事選びなど、就職活動に活かせると思います。

ページトップへ戻る

技術部 戸田(24歳)

名城大学 理工学部 交通科学科 出身

仕事内容を教えてください。
めっき製品の不良の原因を解析し、不良品ゼロを目指す仕事。
めっき加工に使う化学薬品の液温や濃度バランスを管理しています。冬場になると液温が下がり、溶け残った薬品固形物が不純物としてめっき表面に付着し、外観に影響を与え、不良品になってしまうことも。不良品が出れば、材料もお客様の製品もムダになってしまいます。毎日のしっかりした管理が、会社の利益につながるので、責任を持って取り組んでいます。
めっき加工は、たくさんの工程で進められています。数ある工程の中の、どこで不良が起きているのか、すみやかに判断しなければなりません。先輩は、不良の具合を見れば、どの工程に問題があるのか見極めることができますが、自分はまだすべてはわかりません。自分で仮説を立てながらも、過去のデータベースを参照するなどして、経験を積んでいる最中です。
仕事で嬉しかったエピソードは?
自分のような若い社員に、新技術の研究を任せてくれたこと。
めっき加工は、クロム酸による廃水問題に代表されるように、環境に負荷のかかる加工方法と言われています。環境に良くない薬品を使わないめっき加工を実現するため、某大学、某研究所との共同で、現在、新しい技術の研究を進めています。めっき加工は、めっきを付着させやすくするため、製品の表面を腐食させる工程で化学薬品を使います。「環境によくない化学薬品を使う工程を環境への負担が少ない薬品で代替できないか」というテーマに取り組んでいます。
私は研究担当として岩手へ出張したり、週1回半日程度、新技術のための実験を行っています。まだ結果は出ていませんが、入社2年目ながら、会社の未来を担う重要な役割を任せられていることに、やりがいを感じています。
白金鍍金の好きなところは?
大学のサークルの先輩が働いていて、楽しそうだったから。
当社を知ったのは、大学のサークルの先輩が当社の社員だったから。社会人になった先輩たちの話をいろいろ聞きましたが、会社のグチを言う先輩も多い中、当社で働いている先輩だけは、「ウチには○○さんっていう面白い人がいてね...」など、とても楽しそうに会社の話をしていました。先輩の勧めもあり、受けてみることにしましたが、実際に訪問してみると思ったとおり明るく楽しそうな雰囲気だったので、入社を決めました。私も後輩に自信を持って勧められる会社です。
就職活動のアドバイスをお願いします。
実際に働いている社員の方の声は、就職サイトなどを通していない一次情報なので信頼性が高いです。私は、身近な先輩が働いていたのでラッキーでしたが、"生の情報"を取りに行くべく、積極的に行動することが大切だと思います。「数打てば当たる」ではないですが、実際に行ってみないとわからない部分もあります。特定の業種、職種しか受けないのはもったいないと思います。自分に合った会社は、どこにあるかわかりませんからね。