会社概要 Company Profile

テクノヒル名古屋から世界へはばたくものづくり From the Techno-Hill Nagoya to the world Soaring manufacturing technology

名古屋市が推奨する開発型企業団地「テクノヒル名古屋」に国内工場を集結し間接部門の合理化を図るとともに、製造部門の強靭化を推進しました。
「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律」で指定された、特定ものづくり基盤技術である「めっき」をさらに進化させ、お客様のニーズを的確かつ迅速に、そしてより満足して頂ける製品を提供し続けていきます。
白金鍍金はここテクノヒル名古屋から世界へ飛翔してまいります。

商 号
白金鍍金工業株式会社
設 立
昭和24年9月(決算月5月)
資本金
4,000万円
役 員
代表取締役 笹野 恭史
取締役本部長 笹野 真矢
従業員数
165名
売 上
50.6億円(平成30年度)
事業内容
表面処理業
樹脂めっき/金属めっき/塗装
成形/組付
事業所
本社工場   map
名古屋市守山区花咲台2丁目1001番地
工場敷地 20,632.06m2
TEL 052-739-0739  /  FAX 052-739-0639
E-mail g-eigyo[a]siragane.co.jp
取引先
自動車関連、遊戯機器関連、住宅機器関連、美容機器関連、その他
合計約200社
主要取引銀行
三井住友銀行 上前津支店
三菱東京UFJ銀行 鶴舞支店
北陸銀行 金山橋支店
大垣共立銀行 名古屋支店
会社沿革 Company History

※旧 大森工場

昭和24年 1949
会社設立
昭和41年 1966
守山区天子田に工場新設 樹脂めっきに取り組む
自動めっきライン導入
昭和46年 1971
自動排水処理施設完備
昭和51年 1976
株式会社に改組  白金鍍金工業株式会社となる
昭和59年 1984
環境に配慮しノーシアン化に取り組む
全自動亜鉛めっき装置2ライン導入
昭和60年 1985
港工場新設 電着塗装に取り組む
平成3年 1991
大森工場改築 自動車部品に取り組む
平成4年 1992
UL規格取得
平成10年 1998
本社工場改築 排水処理施設更新
樹脂塗装に取り組む
平成12年 2000
無排水処理めっきに取り組み、試作ラインを導入
平成14年 2002
ISO14001を認証取得
平成15年 2003
大森工場増設 樹脂めっき装置更新
大森工場改築 排水処理施設更新
太陽光発電、マイクロガスタービン発電システム導入
災害時に地域住民の方々に水を供給可能になる
大森工場 ISO9001を認証取得
港工場 営業譲渡
平成16年 2004
大森工場 樹脂めっき装置増設
本社工場改築 排水処理施設更新
平成21年 2009
テクノヒル名古屋に本社工場を新築し移転
平成22年 2010
本社工場 蒸着塗装装置増設
平成23年 2011
白金零部件(常州)有限公司 設立
平成26年 2014
白金零部件(常州)有限公司 TS16949を認証取得
平成27年 2015
大森工場をテクノヒル名古屋へ全面統合
大森工場操業停止
平成28年 2016
めっき排水リサイクル装置導入
平成29年 2017
白金零部件(常州)有限公司売却
平成30年 2018
大型樹脂めっき装置増設
令和元年 2019
大型成形機2機導入
有資格者一覧 List of Qualified People
第一種衛生管理者
2名
エネルギー管理士
1名
クレーン・デリック運転士
1名
1級技能検定(電気めっき)
2名
2級技能検定(電気めっき)
27名
1級技能検定(プラスチック成形)
2名
2級技能検定(プラスチック成形)
1名
危険物取扱責任者(乙種)
3名
甲種防火管理者
2名
水質関係第2種公害防止管理者
5名
騒音関係公害防止管理者
1名
毒物劇物取扱責任者
3名
特定化学物質等作業主任者
5名
有機溶剤作業主任者
6名
特別管理産業廃棄物管理者
5名
玉掛け技能講習
4名
産業ロボット特別教育
4名
内部環境監査員教育
7名
低圧電気取扱特別教育
1名
水質管理責任者教育
5名
ボイラー取扱い技術講習
1名
フォークリフト免許
22名